国内を旅行するなら大手航空会社よりLCC格安航空会社を利用したほうが断然お得!!

- 格安航空券を使って国内でどんなことができる?

京都の街並み

格安航空券を使って国内でどんなことができる?

航空チケットのなかで突如として出てきたのが、格安航空券です。国内でも使うことができますが、なかなか理解できない人もいるでしょう。初めて使うときに問題が起きることもありますので、何ができるのかを見ていくことでこの航空チケットについて理解を深めることができます。

航空チケットを安くすることができる

海の家

できることといえば、航空チケットを安くすることができます。選ぶ格安航空会社(バニラエアやPeachなど)や席の種類、そしてチケットの得意性によって変わってきますので、多少の予習が必要になってきます。しかしフルサービスキャリアの早割を使えば、それほど難しくなく利用することができるでしょう。この早割は事前割引のひとつになっており、搭乗日から早めに予約をすることによって安くなるシステムです。LCC格安航空会社のような得意性あるサービスではありませんので、初めて格安航空チケットを利用する人にこそ、おすすめすることができます。

とにかくできることは、安く飛行機に搭乗できることです。目的地まで格段の速さで到着することができるのが飛行機になりますが、そのデメリットになっているのが、チケット料金の高さでした。それをカバーすることができますので、大きなメリットを持っているチケットであることがわかるはずです。

もちろん国内でも活用できる

国内のいろんな空港で利用することができます。もちろん搭乗したい航空会社の路線によって変わってきますが、合致した路線があるのであればいまはほとんど工夫をすることによって航空チケットを安くすることができます。工夫をすることが必要になってきますので、その方法を知るようにしましょう。

まず航空会社に違いがあります。フルサービスキャリアとLCC、最近はミドルコストキャリアと呼ばれる中間の航空会社も登場しました。いろんな選択肢を持つことができますので、乗る側にしてみればメリットが大きいでしょう。種類としては事前購入型になります。搭乗日より早めに予約する方法、そして空席に伴い利用料金が安くなるシステムがあります。航空会社やシステムによって異なってきますので、よく理解してから予約するようにしましょう。

初めて活用するときLCCには注意を

格安航空券で特に気をつけないといけないのは、LCCになります。明らかにフルサービスキャリアとは違いますので、初めての方こそ気をつけてほしいことがたくさんあります。サービスがないのが特徴になっていますので、今まで大手のフルサービスキャリアに乗り慣れている人には驚くこともあるでしょう。よくシステムを理解してから予約をすることが大切です。

就航路線数にも注意して航空会社を識別しよう

いろんな種類の格安航空券がありますが、就航路線数にも気をつけないといけません。LCCもフルサービスキャリアのようにいろんな空港に路線を持っていると勘違いしてしまう人も多いです。しかし実際は限定されています。どんなにお気に入りのLCCが見つかったとしても、路線がないことからその航空会社を使えないことも多いです。ここにこそLCCの露呈するデメリットです。

けっしてどこでも良いわけではない

格安のチケットになるならどこでも良いように感じるでしょうが、支障をきたすこともあります。たとえば大きな空港を利用する場合。チェックインカウンターやターミナルが遠い場所にあることもあったり、ボーディングブリッジを使えず沖止めにあることも。けっしてどこでも良いわけではありません。

正しい選び方で恩恵を受けることができる航空チケット

安いだけで注目をしてしまうと痛い目に遭ってしまうこともありますので、よく観察をしてシステムを理解してから予約するようにしましょう。