フルサービスキャリアとLCCの格安航空券

- フルサービスキャリアとLCCの格安航空券

京都の街並み

フルサービスキャリアとLCCの格安航空券

ミドルコストキャリアという概念が生まれたのも航空業界ですが、LCCにも含まれることから大きくわけてふたつの格安航空チケットが国内で存在していると考えても支障はないでしょう。フルサービスキャリアとLCCの格安航空券の違いについて理解しておくことをおすすめします。

普通運賃を比較すると安くなるのはLCC

どちらも格安航空券として見ると、安くなることは変わりありません。ただプランが異なりますので、その理解は必要になるでしょう。しかも比較するのも複雑になることから、一概にフルサービスキャリアとLCCどちらが優れているのかを判断するのはとても難しいことです。そんなときに比較してほしいのが、普通運賃になります。

普通運賃をフルサービスキャリアとLCCと比較すると、明らかにLCCの方が安くなることを知っておきましょう。そうみると安さを求めるのであればどちらが優れているのがわかるはずです。プラン適用にしても、LCCの方が安くなりますので、最安値を求めるのであればLCCに軍配があがります。

キャンセル料に気をつける

プランも複雑で比較すると難しくなることがあるのが、フルサービスキャリアとLCCになりますが、ひとつ共通してあるのが、キャンセル料に関する問題です。普通運賃では適用されないことが多いですが、プランを適用して格安のチケットにした場合、キャンセルをすることでペナルティが発生します。

キャンセル料が発生するのは、フルサービスキャリアとLCCそれぞれ同じですので、この点は気をつけてください。請求額に関しては航空会社のプランによって変わってきますので、よく確認してから予約をすると良いでしょう。

サービスに観点を持つことで選ぶ航空会社も変わってくる

LCCの不満としてあげられることが多いのが、サービスになっています。こちらは国内の格安航空券から見る大きなフルサービスキャリアとの違いになっています。サービスが充実して早割で安いチケットにできるのがLCCとの違いになります。飛行機に乗るときにサービスが必須と考えるのであれば、LCCは避けた方が無難です。このような点も違いがあります。

ふたつの格安航空チケットに違いを見出そう

安くなる点、キャンセル料が発生する点に違いはありませんが、深く詰めていくことによってその違いを知ることができます。同じように見えてしまうものですが、明らかに違いがあり、それによって満足度を左右させることになりますので、よく考えてから予約をしてください。