格安航空券でよく起きる失敗

- 格安航空券でよく起きる失敗

京都の街並み

格安航空券でよく起きる失敗

ただで安くなるほどそう甘くないのではないか?このような疑問を持っている人は正常な消費者としての心理を持っていることになります。格安航空券は国内の移動に利便性を高めることになりましたが、ただ失敗をしてしまうこともあります。このようなことも理解してから求めるようにしましょう。

よくある失敗はLCCを使った後悔

温泉の町

国内での格安航空券にあたるチケットは二通りあります。早割などを使ったフルサービスキャリアが提供しているチケット、そしてLCC格安航空会社が提供するチケットです。特によく失敗するのがLCCになることが多いですので、よく理解してから求めるようにしましょう。

最も多い不満はサービスの不備です。これはフルサービスキャリアを利用した人から寄せられる意見になることが多く、不満として生じることも多い対象こそがLCCです。しかしLCCはそのようなサービスを徹底して削除した結果、チケット料金に反映されていることから、このような事情をよく理解しておくべきです。

LCCは荷物に関する不満が多い

もうひとつ多い不満になるのが、荷物に関する問題です。最近は利用者の不満に応えるようになったことから、不満が噴出するのが少なくなってきていますが、以前は多かったです。しかしいまでもフルサービスキャリアに慣れている方は戸惑うことも多いですので、よくチェックしておきましょう。

指定した荷物の数・重さ・サイズを超えると、超過料金として請求されます。しかもそれが大きいですので、後悔することになるでしょう。普通にフルサービスキャリアの便を使った方が良いと感じるほどの後悔になりますので、必ずチェックしてください。超えるようなことがあればオプションとしてチケット購入時につけておくほうが、超過料金で後悔をすることも少なくなります。

キャンセルは大きなペナルティになる

これはフルサービスキャリアとLCCに共通して指摘できることですが、予定が崩れてキャンセルするようなことになると、大きなペナルティが発生します。航空会社によっても異なりますが、キャンセル料の請求があり、それは購入した金額の半分ほどとられることも。このようなことは大きな後悔を生んでしまうことになるでしょう。

よくある失敗を理解して求めるように

このような点がよくある失敗になっています。知っていることで防ぐことができますので、購入する前に航空会社のシステムをよく理解しておきましょう。特にキャンセルについては、厳しいペナルティがついてきます。